外資系でも送りましょう!面接後の英語での感謝のメール

外資系企業の面接を受けるときのポイント

外資系企業の面接は、外国人の担当者と英語での受け答えが必要となることもあり、事前に英会話の能力をしっかりと高めることが大切です。
特に、世界的に有名な外資系企業においては、中途採用の試験の際に複数回の面接を実施するところも多くあり、語学のスキルだけでなく、臨機応変に対応できる力が求められます。
そうした中、外資系企業の面接の後に担当者に英語のメールを送ることによって、好印象を持ってもらえることがあるため、前もって感謝の気持ちが伝わる文面を考えておきましょう。
また、外資系企業に特有のビジネスメールの書き方に関して、より多くの経験者の話を聞きながら理解を深めることで、転職活動を順調に進めることも可能です。

英語が得意な人が働きやすい外資系企業を選ぶコツ

日々の業務の中で英語を使ってやり取りを行う外資系企業は、英語が得意な人や、海外生活の経験のある人にとって、魅力的な職場として捉えられることがあります。
中でも、営業職や事務職として外資系企業に転職をする場合には、内定後に外国人の同僚や顧客と接する機会が増えるため、時間を掛けてビジネス英語の学習に励むことがおすすめです。
スタッフの人材活用が活発に行われている外資系企業においては、数年ごとに人事異動や海外転勤などのチャンスがあるため、新しい仕事にチャレンジをするうえで大きなメリットがあります。
その他、外資系企業における英語をはじめとする語学力の大切さについて、転職セミナーなどを参考にしながら理解を深めると良いでしょう。

英語で面接を受ける前には、自己紹介、職歴(仕事の中身と達成したこと)、強み(何ができるのか)をあらかじめ考え準備します。