こんなにも違う?外資系会社の面談の実態!

外資系会社の面談の実態を調べよう

外資系会社の採用試験の面談では、人柄や性格などだけでなく、語学力の高さを厳しくチェックされる傾向があります。
特に、国内外で実績のある外資系会社に転職をするためには、ビジネスレベルの英語力が必要となるため、在職中から業界内で役立つ能力を身につけることが肝心です。
また、外資系会社の職種や仕事内容などによって、面談の際に質問される事柄に違いが見られるため、興味のある企業の特徴を早いうちに把握をしておきましょう。
なお、受験者の数が多い外資系会社の面談に合格をするためには、過去の実務経験を担当者にしっかりとアピールすることはもちろん、面談の後にお礼のメールを送ることによって、好印象を与えることが効果的です。

将来的に活躍できる外資系の会社の選び方

将来的に世界でビジネスマンとして活躍をしたい場合には、業績の良い外資系会社で長くキャリアを積むことがおすすめです。
中でも、業界内でのシェアが大きい外資系会社の魅力については、様々なビジネス誌などで好意的に紹介されることがあり、余裕をもって転職活動を進めるうえで、内定後の働き方にも目を向けることが肝心です。
また、外資系の会社の人事評価の制度に関しては、国内の会社と差がありますが関心のある企業の転職希望者を対象とした説明会などに参加をしながら、役立つ情報を集めることが大切です。
その他、外資系の会社によって海外転勤の可能性や、社内での研修制度などに大きな違いがあるため、じっくりと求人の内容を確認しましょう。